スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトが悲鳴をあげる生き物の多くが、実はヒトより安全だったり・・・ヘビ篇。

庭先にアオダイショウが立ち(?)寄ったそうだ。
表でイドバタの最中だった母たちが、パニックになったとか何だとか。
そんなものが刺激になるほど日々が平和だとは、幸せな婆さんたちである。

「咬むんやろ?飛びかかって咬むんやろ!?」
「毒あるんやろ?なあ兄ちゃん?あれ毒あるんやろ!?」
「巻きつくんやろ?クビ巻きついて絞めよるんやろ!?」

・・・全部ないっ!!

これで「先に退治せんと!」と息巻きだすのだから世話はない。
アオダイショウの何が危険なのかはとんと見当がつかないが、
「根拠なき予防先制攻撃」を声高に叫ぶこの婆さんたちが、他の生き物にとって著しく危険な存在であることは、たぶん間違いない・・・と思う。

(たぶん、続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。